おすすめ投稿

冬季研究会2018のご案内

冬季研究会を開催します

 みなさんの参加をお待ちしています。詳しくは以下をご覧ください。

1.    日時・会場

*日時:2018年2月17日(土)10:00-16:00
*会場:工学院大学新宿校舎A1012教室

2.        テーマ

(1)    テーマ1:中学校版ブックレットを読む
 小学校版ブックレットに引き続いて、技教研活動の成果として、中学校版ブックレット『ものづくりの魅力-中学生が育つ技術の学び-』(一藝社)が年内にも刊行される予定である。
 大いに学び、普及への手がかりとしたい。

(2)    テーマ2:世界の技術・職業教育の最新動向
 技術・職業教育は、ユネスコを中心として、戦後一貫して、その意義が追求されてきており、現在もその流れは継続している。
 近年では、2015年に勧告 "Recommendation concerning Technical and Vocational Education and Training" が出されている。この勧告について検討を行いたい。

3.    タイムテーブル

10:00-10:05    開会あいさつ等
10:05-12:30    テーマ1:中学校版ブックレットを読む
12:30-13:30 休憩
13:30-16:00    テーマ2:世界の技術・職業教育の最新動向
16:00    閉会あいさつ

4.    その他

*参加費:500円(資料代・予定)
*事前の参加連絡は必要ありません。

会報528号 2017年12月 特集「京都技術サークル50周年」

目 次
Education and Technology • 528

■特集 京都技術サークル50周年■
 京都技術サークル50年の歩み(荻野 和俊)
 私とサークル(川瀬 勝也)
 京都サークル50周年に思う(伊藤 一雄)
 サークル活動で学んだ技術教育(丸山 敏夫)
 京都サークル50周年にあたって(佐々木潤子)
視覚障害児に対する技術教育の授業づくりの検討(柴沼 俊輔)
技教研北海道サークル夏季研修会に参加してみて(川合 弘祐)
北海道サークル 冬季研修会のご案内
常任委員会の動き
事務局だより

会報2017年5月 第521号 特集「新学習指導要領をどう見るか」「冬季研究会報告」

[視点]”絶対的正しさ"の今日ように直面する技術・職業教育 ー人権の観点からの根本的克服をー
学習指導要領案における「材料と加工の技術」の特徴とその変化
新学習指導要領「生物育成の技術」についての一考察
「エネルギー変換の技術」の内容検討と評価
新学習指導要領における「情報の技術」の内容について
求む!技教研ならではの、骨太で挑戦的な技術科教育実践 ー「中学校技術科教育法テキストの出版準備」についてー
[冬季研究会議事録(1)]
『技術科の授業を作る』の後継本について
常任委員会の動き
事務局だより

第42回公開研究会を開催します!

今年の公開研究会も二部構成です。

午前の会は中堅~ベテラン現場教員の授業を体験できる模擬授業を実施します。午後は目下最大の話題である新学習指導要領を対象としたシンポジウムです。

ぜひご参加ください!

※事前に参加申込をお願いいたします。申込は下記google フォームで受け付けます。特に今回の懇親会に参加される方は必ず申込をお願いいたします。

申込フォーム:https://goo.gl/forms/mqQzqjhQzx82FFoI3

■技術教育研究会第42回公開研究会■
【日時】5月27日土曜日 10時開始、16時ごろ終了
【場所】工学院大学新宿キャンパス
(http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html)
【内容】

〈午前の部〉技術教育・職業教育の模擬授業
中学校技術科、高校工業科の魅力的な授業づくりの検討会です。今回は、技術教育研究会全国大会で代表実践レポートに選出された経験のある以下の四名の先生方に模擬授業をしていただき、それをもとに授業づくりに関する検討会を行います。

〇直江貞夫先生(元埼玉県公立中学校技術科教諭)
⇒栽培学習の第1回・第2回の授業を行います。

〇川俣純先生(茨城県つくば市立竹園東中学校技術科教諭)
⇒中学校技術科で実施した再発明の授業を行います。毎日当たり前につかっているその製品,本当にその形がベストなのでしょうか?もっと違う形にした方が使いやすいものはありませんか?再発明とは,身近にな製品の問題点をみつけ,その改良に取り組む活動です。

〇辰巳育男先生(東京工業大学附属科学技術高等学校教諭)
⇒面白い実験で原動機を好きになる授業を行います。圧縮着火やドライヤーで生徒を浮かす、透明チューブで大気圧を見る実験などです。

〇竹谷尚人先生(東京都立六郷工科高等学校教諭)
⇒子どもたちに「熱・運動・エネルギー」を考えさせる授業です。工業高校で実施した授業です。

〈午後の部〉新学習指導要領を問う
 先日官報告示された新学習指導要領を中心に近年の教育政策を検討する公開シンポジウムを実施します。下記4名の先生方にご登壇頂きます。

〇蔵原清人先生(元工学院大学教授)
〇児美川孝一郎先生(法政大学キャリアデザイン学部教授)
〇坂口謙一先生(東京学芸大学教育学部教授)
〇横尾恒隆先生(横浜国立大学教育学部教授)

key:技術科、工業教育、職業教育、学校から労働への移行、キャリア教育、ものづくり、STEM、STEAM、アクティブラーニング、学習指導要領改訂、授業づくり

技教研冬季研究会2017

 技術教育研究会の皆さま、これまで合宿研究会として開催されてきた研究会の開催方式を変更し、今年度より「冬季研究会」として開催いたします。ふるってのご参加をお願いいたします。

  1. 日時 2017年2月19日()10:00 – 16:00

  2. 場所 工学院大学新宿新宿校舎 A1012教室

  3. テーマ

    • 午前テーマ 学習指導要領改訂の勉強会
    • 午後テーマ 技術科教育法テキスト「創る」後継本の検討
  4. 資料代 500円 当日徴収いたします。

  5. タイムテーブル

時間

討議内容

備考

10:00

開会

 

10:10 –

 

午前テーマ 学習指導要領改訂について

・平舘善明氏(帯広畜産大)「概要と中学校を中心とした報告」

司会 長嶋さん

記録 樋口さん

10:40 –

・佐藤史人氏(和歌山大)「高校を中心とした報告」

11:10 – 12:30

全体協議

 

昼食休憩

 

13:30 –

午後テーマ 技術科教育法テキスト「創る」後継本の検討

・坂口謙一氏(東京学芸大)

司会 辰巳

記録 武田さん

14:00 – 16:00

全体協議

  1. その他

事前の申し込み等は必要ありません。ご質問は担当の辰巳までご連絡ください。(honkino.nigirikobushi@gmail.com

『技術教育研究』投稿申込書

  会誌77号(2018年7月発行予定)に掲載する原稿を募集しています。下記フォームよりふるって応募ください。
  原稿投稿に当たっては、会誌第76号89頁にある『技術教育研究』の編集規程・投稿規程をお読み頂き,それらの規程に従って投稿してください。

 投稿申し込みフォーム