技術教育研究 75号

第49回全国大会・記念講演
技術教育って何だ?――自分史の中で考える――

●特集●「技術教育の実践を考える」
教育実践と教育研究をつなぐために
小学校教員による社会的ものづくり実践の成立過程の事例分析
座学「原動機」授業実践
食料生産・農業問題と食生活について考える
ダイコンの袋栽培から分かる生徒の様子

〔実践報告〕
技術科の授業を通した国際交流
生物育成教材としての養液栽培装置づくり

〔研究ノート〕
工作によって生じる子どもの変化に関する一考察
台湾における高級職業学校の技術・職業教育

〔書評〕
技術教育研究会編『小学校ものづくり10の魅力』(有川 誠・土井康作)
熊沢 誠『労働組合運動とは何か』(尾高 進)

技術教育研究 74号

●特集●「学校から仕事へ」の移行問題と技術・職業教育
高学歴化の下での高校職業教育の意義と職業教育をめぐる検討課題
工業高校卒業生の進路状況
技術を学ぶ子どもの姿からみた「学校から仕事へ」

〔実践報告〕
自作教具の考察(2)~7つの視点から~

〔論文〕
中学校技術科「C 生物育成に関する技術」の実践の動向

〔研究ノート〕
後期新自由主義政策・教育改革と社会的構成主義の教育学にみる技術・職業教育研究活動の展望
北海道における技術科教員の他校「兼務」の実態

〔書評〕
大河内信夫著『学校における農業教育の諸相』
坂口謙一編著『技術科教育』
広瀬信『イギリス技術者養成史の研究』

第50回全国大会 富山大会のご案内

技術教育研究会 第50回全国大会 富山大会

国民のための技術・職業教育の創造を!
〜すべての子ども・青年を持続的発展可能な社会の主人公に〜

日時:2017年8月7日(月)〜9日(水)
場所:呉羽ハイツ 〒930-0142 富山県富山市吉作(よしづくり)4103-1
   TEL 076-436-0191 / FAX 076-436-0190 / http://www.kureha-heights.jp/
主催:技術教育研究会 後援:富山県教育委員会、富山市教育委員会

記念公演:「プログラミング教育」の真のねらい 〜ものづくり・技術教育とコンピュータ〜
  講師:山西潤一 先生(富山大学名誉教授、日本教育工学会長)

地域の技術見学会:株式会社 能作(最終日13:00〜)

大会参加費:5,000円(一律)、記念講演のみ参加の場合500円
宿泊費(2泊6食):会員25,000円、非会員28,000円、学生・退職者(大部屋割引・定員先着順20名・学生優先)14,000円
# 一泊のみ、夕食のみなどプランあります。
※バリアフリー部屋や、個室のご希望については、別途申し受けますので下記までご相談ください。

実行委員長:笹倉千紗子(桜美林中学校・高等学校)
  連絡先:gikyo2017toyama@gmail.com / FAX 03-4333-0307

50th_IMG

参加申し込みフォーム

FAX申し込み用紙(ダウンロードして印刷してお使いください)

技術教育研究会第49回全国大会

技術教育研究会第49回全国大会
技術教育研究会第49回全国大会伊東大会 国民のための技術・職業教育の創造を!
~すべての子ども・青年を持続的発展可能な社会の主人公に~

 

日時:2016年8月6日(土)~8日(月)
場所:ホテル暖香園
    〒414-0027 静岡県伊東市竹の内1-3-6
    TEL 0557-37-0011 / FAX 0557-36-3026
    http://www.dankoen.com
主催:技術教育研究会

フォームからの仮申し込みをしてください。
★フォームからの申し込み後、7月29日(金)までに入金してください。
★宿泊無しのご参加も可能です。是非、ご参加ください。お待ちしています。


■参 加 費
 4,000 円(一律。但し、学生の一日参加のみ 2,000 円)
■宿泊費等
【2泊(夕食、朝食)】 会員・会員外・退職者・海外:28,000 円
 (8/6 夕食~ 8/8 朝食) 学生:25,000 円(8/6 夕食~ 8/8 朝食)
【1泊2食(夕食、朝食)】
  8/6 泊:15,000 円 ● 8/7 泊 ( 交流会 )14,000 円
【夕食のみ】
  8/6 分:8,500 円 ● 8/7 分(交流会):10,000 円
【昼食】
  会場において別途、申し受けます。同一会場での昼 食(弁当)となります。


2016timetable
8月6日(土)記念講演「技術教育って何だ」  田中 喜美(東京学芸大学名誉教授)

8月6日(土)実技・理論講座
 1 軽業に挑戦!アルミ板・棒材を使ったコマづくり 中村講介講師
 2 これからの技術を考えるー3Dプリンタを学校にー 室伏春樹講師
 3 中等職業教育と高等教育の関係を考える 佐々木英一講師
 4 京都と東京の工業高校改革 荻野和俊講師・辰巳育男講師
 5 アメリカの普通教育としての技術教育の動向 横尾恒隆講師
 6 栽培学習のために 大河内信夫講師

8月7日(日)内容別分科会
 A 小学校・中学校の技術教育
 B 高校・高専・高校後の技術・職業教育

8月8日(月)問題別分科会
 C 技術史と教育
 D 諸外国の技術・職業教育
 E 子ども・青年の発達と技術・職業教育
 F 技術教育の授業づくり
 G 障害児・者の技術・職業教育

8月8日(月)地域の技術見学会(韮山反射炉)
 

第41回公開研究会 ~技術の学びをつなげよう~

昨年111名の方にご参加頂き、大変好評を博した公開研究会。今年もやります!
※昨年の様子は技術教育研究会公式Facebookページでご覧になれます。

⇒公式FBページ:https://www.facebook.com/gikyouken/ 

第Ⅰ部(午前中)が教材・教具交流会、第Ⅱ部(午後)が教育実践検討会です。
第Ⅱ部では、いま、急速に広がっているデジタルファブリケーションをとりあげます。

 3Dプリンタやレーザー加工機など普及により、これらのデジタル工作機械を用いたものづくり―デジタルファブリケーション―がより身近になっています。また、これらの機材を個人で所有するのではなく、ものづくりの市民工房であるファブラボ(FabLab)をはじめとして、一般市民がものづくりを楽しみ、学び合うメイカーズ(Makers)が増えています。こうしたムーブメントと技術教育とのコラボレーションは、双方をより一層豊かにする可能性をもっています。今回は、これらの活動に先駆的に取り組んでいる方々に報告をいただき、学校内外の技術教育の交流や連携などを議論したいと思います。

 この会で、技術とものづくりの学びの新しい可能性をみつけましょう!ぜひ、ご参加ください。

■日時:2016年5月21日(土)10:00-16:00
■場所:工学院大学新宿キャンパス中層棟B0663教室 ※新宿駅より徒歩5分 
☆アクセス:http://www.kogakuin.ac.jp/about/map/index.html (会場は新宿キャンパスです)

■スケジュール

  • 9:30 受付開始
  • 10:00-12:00 第Ⅰ部・教材でつながる技術の学び(教材・教具交流会)
    ※技術・ものづくりに関する教材教具が最大40ブースで展示されます!
  • 13:00-16:00 第Ⅱ部・デジタルファブリケーションでつながる技術の学び(教育実践検討会)

    報告1:門田和雄(宮城教育大学教育学部准教授)「デジタルファブリケーションと技術教育」
    報告2:道用大介(神奈川大学経営学部准教授・ファブラボ平塚–KU FabStudio設立者)「文系学部生とファブラボ」
    報告3:室伏春樹(静岡大学教育学部講師)「中学校技術科における3Dプリンタを活用した授業」
    報告4:川俣純(茨城県つくば市立竹園東中学校)「技術科を技術文化にひらく」
    報告5:村松浩幸(信州大学教育学部教授)「技術教育における各発表の位置付け」

  • 終了後、懇親会を予定しています。ぜひご参加を!

■参加費:一般1000円、学生・院生無料 

  • 第Ⅰ部で教材を展示をして頂ける場合一般500円、学生・院生無料となります!

■事前申込:下記Googleフォームにてお申し込みください。教材展示の申し込み〆切は5月13日(金)です。

第48回全国大会 筑波山大会のご案内

国民のための技術・職業教育の創造を!
-すべての子ども・青年を持続的発展可能な社会の主人公に-

日時:2015年8月9日(日)~11日(火)
場所:筑波山ホテル 青木屋
〒300-4352 茨城県つくば市筑波753-1
電話 029-866-0311
FAX  029-866-1291
URL  http://www.aokiya-hotel.com

主催:技術教育研究会
後援:茨城県教育委員会,つくば市教育委員会

記念講演:戦後70年と技術・労働の教育講師
     講師 須藤敏昭(手労研代表委員、大東文化大学名誉教授)

大会日程については,チラシをご覧ください→ 第48回全国大会筑波山大会チラシ

東京都心からわずか2時間ほどで会場入りできます。宿泊の受付は終了しましたが,受付で参加費をお支払いいただければ,当日参加可能です。みなさんのご来場を筑波山でお待ちしています。


筑波山大会へのお誘い

大会実行委員長 川俣 純

関東平野に突き出た筑波山は標高わずか877m,その独特の山形から万葉の昔から富士山と並び証され,うっすらとかすんで紫に見えるその姿は紫峰(しほう)と呼ばれます。醤油が別名「紫」(むらさき)と呼ばれるのは,筑波山を臨むこの地域一帯がかつて江戸時代に大豆の一大生産地であったことに由来しています。
1970年に筑波研究学園都市建設法が施行され,JAXAや高エネルギー加速器研究機構,産業技術総合研究所など日本を代表する43の研究機関が移転し,40年ほどの年月をかけて筑波は科学技術の街「つくば」に生まれ変わりました。
前回1987年の筑波山大会(第20回全国大会)から28年。小学校から大学まで,現場教師から学生,研究者までが手弁当で集まり,幅広く技術教育に関わる今日的課題を語り合う技教研全国大会が,再びここ筑波山で開催されようとしています。
つくばエキスプレスの開通で東京駅からわずか2時間ほどで大会会場にたどり着くことができるようになりました。ぜひ筑波山で,技術教育の未来を語り合いましょう。皆様のご参加をお待ちしています。